【サザエさん/旅行】オープニング旅行記ー夏⑦上高地 河童橋

サザエさんはOPが季節ごとに変わり、色々な場所を見ることが出来ますが、知らない場所も沢山ありどんな場所なのか気になることや行ってみたくなることがありますよね。

あざらしもサザエさんが好き+旅行好きな1人でして、サザエさんのOPの場所にいつか行ってみたい!と思っています。

そのため、サザエさんOPに出てくる場所をイラストに描き、どんな場所なのか・アクセス方法を調べています!

第7回目の今回は、上高地 河童橋となります。

この記事では

  • 上高地 河童橋とは
  • アクセス方法

上記の2点をまとめていこうと思います。

あざらし
あざらし

第7回は上高地 河童橋です!

河童橋という名前がどうして付けられたのか気になりますね。。

もし調べられるようでしたら、その点も調べてみますね!

上高地 河童橋とは

河童橋は

標高1,500mの山岳リゾートである上高地のランドマークである吊り橋

となります。

河童橋の上からは、下記のものを見ることができる絶好のビューポイントとなっています。

  • 穂高連峰
  • 岳沢
  • 梓川
  • 焼岳
あざらし
あざらし

HPで見た写真では、穂高連峰や紅葉・空の色を反射した梓川がとても綺麗に写っていました!

とても険しそうな山々で自分で登ることは出来なさそうなので、この橋からじっくり眺めてみたいです。。

この周辺の最盛期は

  • 4月27日の開山祭〜5月の連休
  • 7月中旬〜夏休み
  • 10月上旬〜紅葉の時期

となっており、その時には河童橋周辺は『上高地銀座』と呼ばれるほど多くの観光客で賑わうそうです!

河童橋は、最初はいつ頃架けられたか分からないそうですが、梓川の両岸より木材をせり出すように架けられた跳ね橋だったそうです。

明治43年(1910年)に吊り橋となり、その後老朽化に伴い昭和5年(1930)、昭和32年(1957)、昭和50年(1975)、平成9年に架け替えられています。

私は、跳ね橋がどんなものか分からなかったので調べてみました!

跳ね橋:

①城塞などの入り口に設け、不必要なときは綱・鎖などでつり上げておけるようにした橋
②船を通行させるときだけ、つり上げられるようにした橋

あざらし
あざらし

2種類の意味があるようでしたが、必要な時に橋を下げて使用するものを跳ね橋としているようですね!

河童橋の由来は、

  • その昔、ここに河童が住んでいそうな深い淵があった
  • 橋のなかった時代、衣類を頭にのせて川を渡った人々の姿が河童に似ていた

など諸説あるそうです!

また、芥川龍之介が発表した小説『河童』のなかで、上高地や河童橋について描写されていることによりその名が広く知られるようになったようです。

あざらし
あざらし

芥川龍之介の河童は読んだことがないのですが、この場所へ行く前までには読んでおきたいですね!

参考:上高地 https://www.kamikochi.or.jp/learn/about

アクセス

松本駅から坂巻温泉までバスで1時間15分、バスを乗り換えて坂巻温泉からK-30バス上高地バスターミナルまで20分弱、徒歩約5分ほどで到着するそうです!

上高地はマイカー規制がされていることもあるので、バスなどの公共交通機関がしっかりあるみたいですね。

ここまで読んで下さり、ありがとうございました!

とても自然が豊富でリラックスできそうな上高地にある河童橋、是非とも行ってみたいです。