【サザエさん/旅行】オープニング旅行記ー春③信州ビーナスライン

昨日書く予定だったサザエさん記事です!

第三回はOP始まって3つ目、間奏~「はだしでかけてく」あたりで出てくる信州ビーナスラインについて調べた結果をまとめます。

信州ビーナスラインとは

信州ビーナスラインとは、蓼科から、八ヶ岳、女神湖などを経て美ヶ原へ向かう高原の道のことを指すようです。

個人的にはサザエさんに出てきた黄色の花が可愛くて何か調べてみたところ、ニッコウキスゲというものらしいです。

初夏に咲く花のようで、他にもいろいろな高原の花が咲くようです!

イラストで少しひきで見たビーナスラインを描いてみたのですが、とても自然を感じられそうな道で北海道みたいだなあと思いました。。

いかんせん、信州ビーナスライン自体は道なのでアクセスも何もなく。。今日は信州ビーナスライン回りで気になる場所をいくつかピックアップしたいと思います!

気になる場所

信州ビーナスラインは周りに沢山の施設があり、選びきれないのですが、3箇所ほど気になった場所を選んでみました!

女神湖

公式ホームページで一番気になったのは秋~冬にかけて湖に反射する紅葉や雪景色です。

すごくきれいです。。場所は女神湖というらしいです。

自然・季節を感じられそうな場所なので少し疲れた時に訪れてぼーっと山を眺めたい気持ちになりました。

こちらではボート系のアクテビティが充実しているようで、様々な乗り物に乗って、季節を味わうことが出来るそうです。

【アクセス】

JR茅野駅からバスで50分、東白樺湖バス停乗り換え後、バスで10分乗車し、女神湖バス停に着くようです!

今まで調べた場所の中でもやはりアクセスは厳しそうです。。

ここに行きたければ車の免許を取るべきですね。。

八島湿原

八島湿原は、国の天然記念物・文化財に登録されており、コケや湿地の生き物がたくさんいる場所のようです。

総面積40.3ヘクタールもあり、湿原を一周するだけでも90分かかるそうです!

私はこちらの写真を見て、青空と明るい黄緑色のコントラストが本当にきれいで、遊歩道をぜひ歩いてみたいと思いました。。

道として木の板が置かれている場所があるようなのですが、こちらもまた素敵すぎます。。

【アクセス】

上諏訪駅からバスで45分、八島湿原で下車すると到着するようです!

と、公式のパンフレットに書いてはあるのですが、私がGoogle mapで調べても出てこずでこちらも車が必要な気がします。。

美ヶ原牧場

自然あふれる場所と言ったら、牧場でも行ってアイス食べたいなと安直にビーナスライン 牧場で検索をかけてみたら、こちらの牧場を見つけました。

美ヶ原畜産農業協同組合が運営しているようなのですが、こちらはなんと、標高2000mもある美ヶ原の高原大地の上にある草原で5月下旬~10月中旬の間は馬・牛が放牧されているそうなんです!!

生まれてから言った牧場と言えばマザー牧場がいいところで、放牧しているところなんて見たことがなかった私には衝撃的過ぎました。。

しかも、景色が半端なく素敵なんです。。

空が青くって、牧草の黄緑があってその中にホルスタインの黒白模様が見える写真を見たら、とてつもなく行きたくなりました。

【アクセス】

JR松本駅前から美ヶ原高原美術館行きのバスに乗り1時間23分乗車、山小屋駅で降りた後は15分徒歩でどうやら着くようです。

今回検索した中でもトップクラスの行きにくさですね。。

ただ、景色が素敵すぎるので是非とも行きたいです。。

信州ビーナスライン周辺にはご紹介させていただいた場所以外にも魅力的な場所がたくさんありそうでした。

もっと電車やバスでのアクセスが上手くいけば、がっつり行きたい。。そんな気持ちです。。

ここまで読んでくださりありがとうございます!

明日からはまた調剤報酬明細書の作成のつづきを書き進めていきますので、またよろしくお願いいたします。