【サザエさん/旅行】オープニング旅行記ー春⑩天龍峡大橋 そらさんぽ天龍峡

水曜日なので、今日もまたサザエさんの記事になります!

第10回は「財布を忘れて」のあたりで出てくる天龍峡大橋 そらさんぽ天龍峡です。

何だかかっこいい感じの名前の橋ですね。

早速調べてみます。

①天龍峡大橋 そらさんぽ天龍峡とは

天龍峡大橋は史跡名勝天然記念物「名勝天龍峡」の南端を横断する位置にかかる橋で2019年11月に開通したそうです!

随分新しい橋なのですね。

橋の長さは280m、アーチ支間は210mの鋼上路式アーチ橋(バスケットハンドル型固定アーチ)というもののようです。

このつくりは周りの景観を損ねないようによく考えられたもののようで、平成30年度土木学会田中賞という橋梁分野で最も権威がある賞を受賞しています!

色も景観をよく考慮して山鳩色(黄色みが買った緑色)、光が漏れるのを最小化するために埋め込み証明を採用しているそうです。

私がイラストを描いた際には灰色に見えていたので山鳩色では塗れていません。。申し訳ないです。。

自然のことをよく考えて橋を作っているなんてなんだか素敵ですよね。

話を天龍峡大橋に戻しますね!

しかも、こちら上から見ると普通に車が通ることが出来る道路に見えるのですが、その道路の下を人が歩くことができる遊歩道が設置されているのです。

これがそらさんぽ天龍峡です!

下には天竜川が約80m下にあり、さらにJR飯田線の列車がトンネルから出てきて橋を渡るさまも見ることが出来るようです。

運が良ければ天竜川を川下りをする舟もみることが出来るんだとか。。

とても古き良き日本な感じで、是非とも見てみたいですね。

個人的にはこの天竜川を川下りできる舟にも乗ってみたいです!

ちなみに竜と龍の感じが混同しているようにも見えますが、重要文化財指定時の名称は龍だそうで、正式名称は天龍峡のようです!

ただ、駅名・川の名前は竜を用いることもあるようです。。

こういった漢字はなかなかに難しいですね。。

参考:天龍峡大橋https://www.cbr.mlit.go.jp/iikoku/tenryu/

②アクセス

地図からは少し見切れてしまっているのですが、この上のほうにある天竜峡駅から徒歩15分で天龍峡PAに着くようです!

天龍峡PAからはすぐ着くそうなので、割とアクセスのよい場所ですね!